カセットテープに残されたピアノとの日常

カセットテープに残されたピアノとの日常 カセットテープに残されたピアノとの日常
母が家庭での生活の中で録音してくれていた、3才~6才の私の即興演奏
即興で作詞作曲し、歌いながら家のピアノを弾くのが好きだったようで、
それぞれの曲の歌詞・メロディ・伴奏は、
空想の中での世界であったり、
ピアノに絵本を置いて物語に沿った音楽だったりしたそうです
カセットテープに残されたピアノとの日常
カセットテープと、
即興演奏のそれぞれの題名を母が記しているメモ
母の愛を感じます
カセットテープに残されたピアノとの日常 カセットテープに残されたピアノとの日常
子ども時代の演奏の録音テープ
カセットテープに残されたピアノとの日常
子どもの私にとって、ピアノは食卓やテレビのように部屋に馴染む家財道具のような存在で、
練習する事とは、ご飯を食べるのと同じ感覚の、楽しみな生活習慣の一部であったと記憶しています
カセットテープに残されたピアノとの日常
発表会やコンサート、幼い演奏の録音もたくさん残っています
私のピアノの原点は、音楽を愛し生きてきた母の姿であり、
私を音楽へと導いてくれた母の積日の努力にあると確信しています
カセットテープに残されたピアノとの日常

読んで頂きありがとうございます

もしこのブログを気に入って頂けましたら、購読していただけるとうれしいです!

★ いちばん新しい記事!

歌唱に最適化「コーラスマスク」